転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 条件・待遇
  3. 新入社員と同じ給与額になりますがよろしいでしょうか

新入社員と同じ給与額になりますがよろしいでしょうか

採用した社員がどれくらいの成果を出してくれるかは、実際に働いてもらわないと分かりません。
面接では能力を測れないため、このような給与規定にしている会社もあります。
もちろん、新入社員とまったく同じ条件というケースは少なく、
入社後の実績次第で早期に昇給するシステムを導入して、
「実力主義の会社だからこそ頑張りたい」という人を求めているのです。

質問のねらい
実力主義・成果主義を理解している人かどうかをチェックする。
給与だけで仕事や会社を選んでいないかチェックする。

実力があることを伝える

まず、会社のルールにはしっかりと従うことが採用の条件ですので、
新卒と同じ給与でも問題ないことを伝えましょう。
ただし、何の思慮もなく納得したのでは、
大した能力を持っていない、自分の実力を真剣に考えていないと思われてしまいます。
実力を見て給与に反映させてほしいことを伝えましょう。

回答のポイント
会社の給与規定に従う姿勢を見せる。
実力を見て評価してほしいことを伝える。
昇給できるように努力する姿勢を見せる。

回答例

経験職種の場合
はい、キャリア採用とはいえ、まだ実績を出していない段階なので受け入れます。
入社後に実力を見ていただき、評価して下されば幸いです。
未経験の場合
はい、未経験なので当然のことと思います。
社会経験は十分に積んでいますので、
新入社員よりもずっと早くスキルアップを果たしたいと思います。

こんな回答をしてはダメ!

御社のルールならば仕方がありません。
給料について不満な態度が丸見えです。
本気で仕事をしてくれるようには思えません。
入社したばかりなら当然ですよね。
やはり不満な態度が表情に出ている回答です。
大丈夫ですよ。 (即答)
本当に新卒程度の能力しかないと思われます。