転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 条件・待遇
  3. 給料はどれくらいお望みですか

給料はどれくらいお望みですか

給与の交渉をする質問に思えますが、多くの場合、キャリア採用といえども給与額は就業規則や給与規定などによって定められた額になっているものです。
したがって、応募者の希望給与額が会社側が予定する額を大きく上回っていないか、
また、それだけの給与をもらう自信があるかどうかを見るための質問といえます。
なお、前職の給料がいくらだったかを聞かれることもあります。
その場合もやはり給与額のギャップを確かめるのが目的ですが、
給与額によって応募者の能力の目安をつけていることもあります。

質問のねらい
会社側が設定した給与額と、応募者の希望する給与額のギャップを確かめる。
自分の能力を給与換算できるかどうかを見る。

自分の能力を給与換算してアピールする

「私にはこれだけのことができるから、これだけの額をもらいたい」ということを伝えます。
具体的な金額を提示し、その根拠となるキャリアや能力をアピールしましょう。
交渉の質問に見せかけて、自己PRの質問なのです。
もし能力に自信がなければ、給与を使って講座を受講するなど、
「自己投資のためにこれだけもらいたい」というような回答でもアピールできます。
前職の給与額を聞かれた場合は、偽らずに正直に答えれば十分です。

回答のポイント
希望する給与額をしっかり伝える。
自分の能力がそれだけの価値に値することをアピールする。
給与を使ってキャリアアップすることを伝えられればなおよい。

回答例

自分の能力を金額でアピール
月30万ほど希望いたします。
前の会社よりも少し高くなりますが、リーダーもある程度経験しましたし、
専門の資格も持っていますので、それだけの価値はあると自負しております。
自己啓発に給料を使う
年収350万ほど希望いたします。
今後、仕事の幅を広げていくために英会話の講座を受講したり、
海外の専門誌を読んだりする予定です。

こんな回答をしてはダメ!

たくさんほしいと思います。
誰でもそう思っています。
いくらでも構いません。
仕事への責任感を疑われかねません。
実力を見て決めていただければと思います。
その実力を聞く質問なのです。