転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 条件・待遇
  3. 契約社員としての採用でもよろしいでしょうか

契約社員としての採用でもよろしいでしょうか

応募者の能力面に不安がある場合は、
正社員ではなく契約社員などで採用することを打診されることもあるかもしれません。
特に応募者が未経験ではあるが熱意はあるという場合、
まずは契約社員またはパートからお手並み拝見ということも考えられます。
ただし、十分な能力があるにもかかわらず、正社員の募集に応募したはずなのに、
唐突にこんな質問をされた場合は、入社を考え直したほうがよいと思われます。

質問のねらい
身分よりも仕事を重視する人かどうかをチェックする。
不利なスタートでも努力できる人かどうかをチェックする。

仕事を重視する姿勢を見せたほうが無難

企業側がこのような打診をしている以上、
その希望に合わせたほうが採用の可能性は高くなります。
精一杯努力して正社員になれるように努力する姿勢を見せましょう。
どうしても正社員を譲れない場合は、
今からでも努力して正社員に足りる能力を身につけることをアピールしましょう。

回答のポイント
身分と仕事のどちらを重視するかを明確に伝える。
将来的には少しでも早く正社員になれるように努力することを伝える。
正社員登用の条件を聞いてみる。

回答例

問題ない場合
はい、御社で○○の仕事をさせていただけるのであれば、
特に雇用形態にこだわるようなことはありません。
差し支えなければ、正社員登用の条件を教えていただけるでしょうか。
どうしても正社員を希望する場合
今回の転職では、ぜひ正社員として中核となる仕事をしたいと考えております。
必要な能力は入社までに必ず身につけますので、
何とか正社員として採用していただけないでしょうか。
求人票に嘘を書いていた企業の場合
経験者なのに契約社員とはどういうことですか。
それならはじめから「契約社員募集」と書いて下さい。
こちらから願い下げます。

こんな回答をしてはダメ!

話が違うではありませんか!
能力面で不安がある場合は、感情的に反発してはいけません。
はじめから契約社員として採用するつもりで募集したのではなく、
面接でよく審査した上でこのような打診をしているのです。
大丈夫ですよ。 (即答)
思慮もなく納得する態度は、仕事へのこだわりの薄さを感じさせます。
別にいいですよ。
嫌々納得しているような答え方は悪印象です。