転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 逆質問例
  3. 週休や有休が取れるのか聞きたい

週休や有休が取れるのか聞きたい

自由に休みを取りたいのは誰しも願うことでしょう。
しかし、会社側は熱心に働いてくれる人を望んでいますから、
この質問をした時点で会社の希望に沿えない人と思われても不自然ではありません。
よって、この質問はしないに越したことはありません
間違っても、「何か質問はありますか」と聞かれて、いきなりこんなことを聞くのはやめましょう。
どうしても聞きたいのであれば、下記のポイントに注意して下さい。

質問のしかたのポイント
唐突にこんな質問をしない。
面接官のほうから休みについての話が出たときに、さりげなく聞くとよい。
仕事をしっかりすることを十分にアピールしておく。
仕事をするために必要な休みであることを伝える。

質問例

あくまで仕事優先で
必要な場合は残業も休日出勤も厭いはしませんが、
ストレスがたまると業務にも支障が出るので、休みも必要だと思います。
周に1回は確実に休みを取りたい思うのですが、問題ありませんか。
年休は控えめに取ることをアピール
仕事はバリバリこなすタイプですが、
たまには気分転換に1泊程度の旅行に行きたいと思います。
月1回程度ならば有休を取ることも可能ですか。

こんな聞き方をしてはダメ!

有休はもちろん取れるんですよね。
会社の都合を考えない人だと思われます。
休日出勤が当たり前ということはありませんよね。
会社を評価する態度は禁物です。
繁忙期でなければ休みを取っても大丈夫ですか?
聞き方は配慮していますが、やはり仕事を軽視している印象を与えます。
(唐突に) 有休は取れますか?
休むことばかり考えている人だと思われます。