転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 逆質問例
  3. 仕事内容を確認したい

仕事内容を確認したい

実際に担当する仕事内容は、入社してからでないと分からない部分もあります。
求人票に書かれているのは大ざっぱな内容であり、それだけで判断するのは危険でしょう。
仕事内容が思っていたものと違った場合、お互い不幸な思いをすることになります。
この質問はぜひしたいところですが、「それは求人票にも書いたはずですが」と言われないように、
まず求人票に書かれている仕事内容は確実にチェックしていることが前提です。
その上で分からない部分、また面接中に予期しなかった仕事を提示された場合は、
入社してから公開しないように、必ず質問して確認しておきましょう。

質問のしかたのポイント
幅広く仕事をしていきたいという姿勢をアピールする。やりたくない姿勢はNG。
求人票で分からなかったことを明らかにする。
目指している仕事以外にも雑務があることを予想しておく。
本当に自分にできる仕事かどうかを確認する。

質問例

募集職種以外の仕事もありそうな場合
講師職として応募しましたが、生徒を集めるためには、
営業のような仕事もする必要がありますか。
その場合、未経験の部分が多いので、入社までにどのような能力が必要か、
ご教示いただけますか。
あらかじめ予想しておく
研究職ということで応募しましたが、実際には肉体労働も多いと思います。
今から体力をつけたり、器用さを身につけておくべきでしょうか。

こんな聞き方をしてはダメ!

求人票に書かれていた仕事内容と違うではありませんか。
こんな批判的な聞き方をしたのでは心証を悪くし、まず採用はあり得ません。
本当に求人票と全然違う仕事を提示され、入社意欲をなくした場合に言うことです。
そんな仕事までやらされるのですか。
やりたくない姿勢が丸見えです。