転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 逆質問例
  3. 社員の平均年齢が若いのが気になる

社員の平均年齢が若いのが気になる

求人票に「社員の平均年齢は27歳!若手社員ばかりで活気のある職場です」などと書かれていると、「本当は離職率が高いだけじゃないの?」と勘ぐる気持ちも起こるかもしれません。
最近できたばかりの会社ならば若手社員が多いのもうなずけますが、
20年以上も歴史がある会社の場合は不安になるでしょう。
ただ、実際にその会社が自分に合っているかどうかは入社してみなければ分かりません。
若い社員が多いほうが、溶け込みやすくて楽しいこともあります。
後で社内を見学させてもらうなどして、実際の雰囲気を確かめてもよいでしょう。

質問のしかたのポイント
「離職率」「定着率」などの言葉を出さない。
若手社員の良いところを褒める。

質問例

雰囲気が良い
社内の雰囲気がとてもアットホームな印象を受けますね。
若手社員が頑張っている会社ですか?
考え方が新鮮
会社の方針や考え方が新鮮に感じられます。
新しく入社された方が多いのでしょうか。

こんな聞き方をしてはダメ!

見たところ若い社員しかいないようですが、定着率はどのくらいですか。
本音をダイレクトに告げる強烈な聞き方です。
正直と無配慮の区別を知るべきです。