転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 志望動機
  3. 他の会社にも応募していますか

他の会社にも応募していますか

せっかく内定を出しても、他社に入社することになって内定を辞退されるのはよくあること。
なので、この質問で入社意欲がどれくらいあるかをチェックします。
特に応募者が少ない企業の場合はよく聞かれるでしょう。
他の会社を受けていることでマイナス評価されることはありませんが、
答えるときの表情や口調から回答の信憑性が読み取られます。
また、他に受けている会社の業種などを聞くことで、
その応募者が本当にこの仕事がやりたいのかをチェックしていることもあります。

質問のねらい
入社意欲がどれだけあるかをチェックする。
転職活動の進め方を聞くことで、計画性や目的意識などをチェックする。
他の応募企業の職種に関連性・一貫性があるかをチェックする。

正直に答えてよい

他社を受けていることを隠す必要はなく、ありのままを答えましょう。
ただし、まったくの異業種を多数応募しているときなどは、
「一体何を目指しているのか?」とキャリアプランを疑われかねないため、
「同業種を数社応募している」という回答が適切です。
その中で、今面接を受けている企業が特に良いと思うところを挙げればよいでしょう。
なお、ぶっきらぼうに「他社は受けていません」と答えると、計画性のない人と思われてしまいます。
本当に1社しか受けていない場合は、なぜそこまでその企業にこだわるのかを、
次に聞かれるなぜ当社を応募したのですかという質問で明確に答えましょう。

「御社が第1志望です」と言うべき?

志望順位が低い企業で「当社は第何志望ですか?」と聞かれたときは注意が必要です。
多くのマニュアルでは、「もちろん御社が第1志望です」と答えるように書かれていますが、
そんなことを言えば当然嘘になります。
「第1志望です」と言わないと採用されない企業もあるでしょうが、
嘘が表情に出やすい人は面接官に読み取られてしまう場合もあるので、
「まだ面接を受けていない会社もありますが、今のところ御社が第1志望です」
といった無難な答え方のほうがよい場合もあります。
臨機応変に回答し、無責任な答え方をして表情が固くならないように注意しましょう。

回答のポイント
まったく違う業種、あまり多くの会社を受けていることは言わない。
同業種を2、3社受けているのが一般的。
御社にぜひ入社したいという意志をアピールする。
他社と比べてこの会社が良いと思う理由を言う。
本音でないことを答える場合は、自分の表情の変化に特に注意する。

回答例

同業他社に応募
はい、同じ飲食店業界の2社に応募いたしました。
その2社は居酒屋がメインなのですが、
私としてはファミレスを基幹事業とする御社で本領を発揮したいと思います。
1社のみに応募
いいえ、現在応募しているのは御社だけです。
他の会社に興味がないわけではありませんが、
新商品の開発要員を急募という求人広告が目に止まり、
これだけ採用目的の明確な御社ならばと思って応募いたしました。

こんな回答をしてはダメ!

他社から内定が出れば、そちらに入社します。
あまりにも挑発的で、即刻退室を要求されてもおかしくありません。
就職難ですので、たくさん応募しています。
「採用されればどこでもいい」という印象を与えます。
御社の他に3社受けており、よく考えた上で決めたいと思います。
本音かもしれませんが、その会社への入社意欲が伝わりません。
今面接を受けている会社の良さを少しでも挙げて、
「ぜひ入社したい!」という意欲を示しましょう。