転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 志望動機
  3. 当社に応募した理由は何ですか

当社に応募した理由は何ですか

志望動機を尋ねる質問の中でも、そのものずばりの聞き方です。
仕事内容ももちろんですが、当社だからこそ応募した理由に重点が置かれていることに注意。
つまり、表面上は志望動機の質問ですが、
「当社のことをどれだけ知っていますか?」「当社のどこが好きなのですか?」
という企業研究の深さを問う質問なのです。
もちろん、ただ深く研究するのではなく、
その企業の特徴に自分がどう魅力を感じるのかを伝えなければなりません。

質問のねらい
当社のことをどの程度知っているかを見る。
応募者が感じている魅力と、実際の企業の特徴・方針に相違がないかをチェックする。
待遇面や安定性ばかりを重視する人でないかをチェックする。

応募企業の情報を徹底的に調査する

単純に「○○の仕事ができるから」では、
「他社でもできるのでは?」「現職でもできるのでは?」と問い返されてしまいます。
どの会社でも言えるような志望動機では差がつきません。
応募企業ならではの特色を研究し、ここだけは他の企業にはない唯一の特徴だといえるものを見つけて、その点になぜ魅力を感じたのかを明確に伝える必要があります。
店舗を持つ会社ならば、実際に足を運んで、その会社のサービスを体感してみることです。
もちろん、ホームページをすみずみまでチェックするのは言うまでもありません。
社長や社員のブログなどがあれば、すべて読みます。
ただし、企業理念などによくある「お客様第一の精神」「グローバルな企業展開」などの抽象的な言葉は極力使わないようにします。
パンフレットやサイトを見るだけでなく、できるだけ足を使って情報収集しましょう。
少し調べたくらいでは気づかないマニアックな特徴を挙げられれば心強いでしょう。
「そんなことまで知っているのか」と思わせることができるかどうかが分かれ目です。

回答のポイント
応募企業の特徴をひとつ挙げる。
その特徴に自分がどう共感するのか、魅力を感じるのかを具体的に説明する。
給与や待遇面などは避けたほうが無難。

回答例

応募企業の製品に詳しい
御社製品の愛好家で、自室の事務機器のほとんどが御社製品です。
特にコピー機のカスタマイズ性は、他社製品には類を見ないほど大変便利です。
このたびの募集要項で、コピー機の通信機能に新技術を取り入れていくための技術者を募集していることを知り、ITエンジニアとしての私の実力が御社コピー機開発に生かせると思って応募いたしました。
親切な社員の対応に惹かれた
営業で御社の事業部の方と商談をしたことがあるのですが、
雨天の日は車で最寄り駅まで迎えに来て下さったことがありました。
お客様ばかりでなく、受注先や訪問者にもこの上なく親切な対応を心がけている御社の精神に大変な感動を受け、私もそんな社員になりたいと思って応募しました。
社員の評価制度がユニーク
社員のランクを20段階にも分けて評価し、
しかも月単位で審査があるという厳格な評価制度に大変な感銘を受けました。
前の会社では年度が変わるごとに、係長 → 副主任 → 主任 というように年功序列に近い昇進制度でしたが、御社の場合は完全実力主義なので、仕事に対する姿勢が正されます。
肩書きで満足するのではなく、真の実力を誇れる社員になりたいと思い、応募しました。

こんな回答をしてはダメ!

御社の製品が好きだからです。 (終)
具体的にどういうところに魅力を感じるのかを説明する必要があります。
御社の抜群の待遇に惹かれました。
待遇や安定性を強調するだけでは、会社依存と見なされます。
自宅から近くて通勤しやすいからです。
軽い気持ちで転職していると見なされます。
御社は事業の幅が広く、いろいろな仕事ができると思ったからです。
「この仕事がやりたい!」という意志がまったく感じられません。
会社の雰囲気が楽しそうだからです。
会社に遊びに来る人だと思われてしまいます。
御社の店舗がきれいで魅力的だからです。
店舗に足を運んでいるのは良いのですが、
これだけでは見た目で判断していると言わざるを得ません。