転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 志望動機
  3. 転職しようと思った理由は何ですか

転職しようと思った理由は何ですか

転職の面接では必ず聞かれる質問であり、
自分自身の今後のためにも、よく考えなければならない最重要事項です。
すでに前職を辞めている場合は「前の会社を辞めた理由は何ですか」という形で聞かれます。
いずれも、転職の動機が「前の会社が嫌だから」「人間関係がうまくいかなかったから」といった、
後ろ向きで他人のせいにしているものではないかをチェックされます。
この質問で後ろ向きな理由をあげた場合、無条件で不採用が決定すると見て間違いありません。

質問のねらい
どの職場でも起こるような不満を理由にしていないかチェックする。
転職する理由が応募者自身のキャリアアップを目的とするものであるかチェックする。

前の会社への不満ではなく、キャリアアップ目的であることを伝える

とはいえ、転職という大それた行動に出たということは、
前職によほど耐え難いことがあったからでしょう。
ほとんどの転職者の動機は「前の会社が嫌だから」という後ろ向きな理由のはずです。
本当に前向きな動機で転職する人は、こんなサイトを見るまでもないでしょう。
したがって、転職のきっかけが後ろ向きであることを前提に説明を進めていきます。

前向きな動機を作り出す

前向きな動機とは、一言で言えば「キャリアアップのため」です。
つまり、前の会社では自分のスキルを向上させるような仕事を与えてくれない、
だからもっとレベルの高い (あるいはまったく違う) 仕事ができる会社を探している、というものです。
転職のきっかけは会社への不平不満であっても、それを機に自分のキャリアについて真剣に考え、転職によって自分自身を向上させようという思いが伝われば問題ありません。
この質問は、一見「なぜ辞めたのか」という過去のことを尋ねていますが、「これから何をやりたいのか」という未来のこと、つまり志望動機を尋ねているのです。

回答のポイント
前の会社の悪口は絶対に言わない。
前職の給与・残業時間・人間関係・雰囲気などが「嫌だから」という理由を挙げない。
精一杯の努力をしたが、前の会社では叶わなかったことを伝える。
応募企業だからこそ実現可能な動機を伝える。
どんな転職理由・退職理由であれ、自身の成長・キャリアアップという動機に結びつける。

回答例

特定分野の仕事に集中したい
前職ではクライアント企業に常駐して開発を進めていましたが、
プロジェクトが完了するたびにまた別の客先・別のプロジェクトに派遣され、
継続して専門のキャリアを積むことができませんでした。
御社は自社開発で、その内容もデジカメやその周辺機器で一貫性があるため、
特定分野のスキルを集中的に高めることができると考え、転職しようと思いました。
今ある能力を他分野に生かしたい
現在は出版社で書籍の装丁・デザインを担当していますが、
このスキルを自社のホームページにも生かしたいと思って、編集長に相談しました。
しかし、Webデザインに関しては外注していて、今後も自社で行うつもりはないと言われ、
希望は通りませんでした。
そのことがきっかけでWebデザインの仕事をしていきたいという思いがますます強くなり、
転職を決意しました。
変わりばえのしない仕事から抜け出したい
配送の仕事を3年間続けてきました。
仕事自体はとても忙しく、体力がついて、接客マナーや会話力も身についたのですが、仕事の特性上、毎日同じ作業の繰り返しでした。
そこで、今までの経験からステップアップしようと思い、営業の仕事をやらせてほしいと相談したのですが、受け入れてもらえませんでした。
今後は営業の仕事で、より実践的な会話力・接客力をつけていきたいと思い、
転職を決意しました。
リストラが理由の場合
会社で人員削減があり、希望退職に応じない場合は、
現在の経理職の他に商品企画の仕事も担当してもらうと言われました。
商品企画がどうしても嫌だったわけではないのですが、
経理のスキルアップを望んでいた私にとっては環境が悪くなると思い、
希望退職に応じて、条件の良い会社を探すことにしました。

こんな回答をしてはダメ!

直属の上司のセクハラに耐えかねたからです。
妥当な理由です。
しかし、それを機に転職でキャリアアップしようという意志が伝えなければ意味がありません。
残業があまりにも多く、肉体的にも精神的にも疲れてしまったからです。
同様のことが応募企業でも起こり得ます。
仕事に対して熱意が感じられないため、採用したいとは到底思えません。
仕事が退屈でうんざりしたからです。
「自分から仕事を探さなかったのですか?」と確実に聞かれます。
前の会社で精一杯努力をしていないことが明白です。
会社が倒産しそうなので辞めました。 (終)
あまりにも無責任な回答です。
自分が今まで世話になってきた会社なのに、危なくなったら逃げる。
そんな人を誰が採用するでしょうか。
会社が持ち直すように、社員として最大限の努力をしたことを伝えなければなりません。
能力を認めてくれなかったからです。
具体的にどれほどの能力があり、どの程度まで評価されるべきなのかを説明しましょう。
一方的に会社のせいにする言い方は、絶対に NG です。