転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 将来性・展望
  3. こんな仕事をやっていただけますか

こんな仕事をやっていただけますか

面接で予想外の仕事を提示されることがあります。
応募者の能力が思っていた以上に高い場合は、「基幹業務に携わっていただけますか」「プロジェクトマネージャーをやっていただけませんか?」、
応募者の能力が基準に満たないような場合は、「アシスタントをやっていただけますか」などになることもあります。
いずれにしても、「できます」という回答でなければ、採用は難しいでしょう。

質問のねらい
柔軟な対応力を見る。
チャレンジ精神をチェックする。

その仕事をよく知った上で「できる」という返事を

その仕事が希望していたものとまったく違う場合はきっぱり断るべきですが、興味がある場合や、どうしてもその会社に入社したい場合は、進んで引き受ける姿勢を見せましょう。
ただし、できないことを「できる」と言った場合は、入社してから後悔することになりかねません。
自分の希望する仕事と、その周辺業務・関連業務をよく研究しておきましょう。
仕事内容が分からない場合は、その場で面接官に詳しく尋ねるとよいでしょう。

回答のポイント
積極的にその仕事に取り組もうとする姿勢を見せる。
仕事を提示されたことに感謝の意を示す。

回答例

レベルの高い仕事を提示された場合
ぜひ担当させていただきたいと思います。
希望していた仕事よりも、さらに専門知識が必要な仕事だと思いますので、
私自身もキャリアアップができます。
またとない機会を与えていただき、ありがとうございます。
レベルの低い仕事を提示された場合
はい、未経験で応募いたしましたので、まずそこから始めさせていただきたいと思います。
ステップアップの道を用意して下さり、ありがとうございます。

こんな回答をしてはダメ!

仕方がありませんね。
感情むき出しの回答はアウト。
正直なところ不安です。私にもできる仕事ですか?
自身のない態度では、採用はあり得ません。
話が違うのでは?
求人票と違うことでも、面接で提示していけないわけではありません。
同意するか否かはあなた次第です。