転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 将来性・展望
  3. あなたのキャリアプランを聞かせてください

あなたのキャリアプランを聞かせてください

明確な将来像を持っている人かどうかをチェックする質問です。
「10年後どうなっていたいと思いますか」などの形で聞かれることもあります。
ただ生活資金を稼ぐために仕事をしている人よりも、
仕事でこういう活躍をしたい、こんなキャリアアップを望んでいる、という人のほうが、
真剣に仕事に取り組んでくれるはずです。

質問のねらい
明確な目的意識を持って仕事をする人かどうかをチェックする。
仕事への情熱やこだわりを見る。
応募者が入社した場合の活躍する姿をイメージする。

夢とこれからのプロセスを語る

その会社で長く働きたいと思っているからには、
10年くらい先まで見越したキャリアプランは持っていたいところです。
単に○○課長になるという「空想」を言うのではなく、現実に根ざした「夢」を語りましょう。
その会社で実現可能な夢を提示し、それに達するまでにどのような努力が必要か、
そして実践していくかを具体的に話すことです。

回答のポイント
具体的な立場を挙げて、会社で活躍している姿がイメージできるように伝える。
そこに到達するまでに努力することを伝える。

回答例

編集長になる
記者としてライティング技術を磨き、10年後には編集長になりたいと思います。
記事を評価・審査するためには、自分が得意な分野の知識だけでなく、
あらゆる分野に精通していなければならないと思います。
したがって、書く能力だけに固執するのではなく、
これから幅広い分野の専門誌や機関誌を購読するようにします。
学習塾のエリアマネージャー
5年後に教室長、10年後にブロック長 (エリアマネージャー) になっていたいと思います。
それだけ多くの講師を指導するためには、まず信頼関係が築くことが大切です。
授業外でも常に生徒や講師との会話を心がけて、まずは自分を知らない人はいないくらいの有名講師になるつもりです。

こんな回答をしてはダメ!

御社で定年まで働きます。
まるでキャリアプランになっていません。
行き当たりばったりで、自分の人生を軽く考えていると思われます。
5年後には課長になっていたいと思います。
ありきたりで熱意が感じられません。
せめてどのような努力をするかくらいは言うべきでしょう。
いずれは独立を目指します。
会社を辞める宣言を面接の段階でしないこと。
5カ国語をマスターします。
能力向上だけではなく、どんな仕事をしていきたいかをアピールしましょう。