転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. ハンディ・不安要素
  3. 前の会社を辞めてからブランクがありますが、なぜですか

前の会社を辞めてからブランクがありますが、なぜですか

ブランクと言える期間は具体的にどれくらいかというと、
前の会社を辞めてから3ヶ月以上経っている場合が一般的です。
1ヶ月程度ならば心配不要、2ヶ月程度の場合は問われることもあるという程度です。
応募者のブランクを懸念する理由は、実務能力や就業意識の低下にあります。
仕事をしない期間が長引くと、どうしても仕事に対する意識やビジネス感覚が鈍ってしまい、
採用してもしばらくは順調に仕事ができない心配があります。
また、その間転職活動を続けていた場合でも、多くの会社で不採用になっているということは、
やはり魅力のない人物ではないかと思われてしまいます。
非常に痛いところをつく嫌な質問ですが、納得のいく答えを探さなければなりません。

質問のねらい
休み癖がついていないかをチェックする。
ブランク期間も意義ある活動をしていたかをチェックする。

ブランクを利用して少しでも自分磨きをしていたことをアピール

「職業訓練校などに通っていた」「出産や育児のため」などが理由ならば問題ありませんが、
実際に転職活動が長引いている人、何もせずにブラブラしていた人も多いことでしょう。
面接では嘘はつけないため、そういう人は今からでも自己啓発に取り組んで実績を作ることです。
応募先企業で役立つ能力をつけるための勉強を始めるとよいでしょう。
学校などに通うお金や時間はなくても、本を読むくらいはできるはずです。
近日中に資格試験があるならば、思い切って取ってしまえば高評価を得られます。

回答のポイント
自己啓発、それも応募先企業で役立つスキルを磨いていたことをアピールする。
アルバイトなどをしていた場合は、その仕事内容でアピールするのもよい。
病気療養など、やむを得ない事情がある場合は簡潔に説明する。
「転職活動が長引いている」「充電期間だった」だけではマイナス評価。

回答例

応募職種の勉強をしていた
未経験の職種を希望しているため、いきなり転職するのは現実的ではないと思い、
図書館でこの分野の専門書を100冊近く読みました。
また、同業種の知人に話を仕事の話を聞いたりして、
少しでも実務に直結する知識を取り入れていました。
体を鍛えていた
配送の仕事は体力が必要だと思い、ジムに通って体を鍛えていました。
海外旅行をしていた
御社は外資系企業ですので、アメリカへ行って本社を見てきました。
さすがに社内見学というわけにはいきませんでしたが、
社員として研修に行っているような感覚が得られました。
アルバイト経験をアピール
転職活動のかたわら、生活のためにアルバイトもしていました。
希望職種は前職までは未経験だった接客中心の仕事ですが、
飲食店スタッフのアルバイトをすることにより、良い研修期間になったと思います。

こんな回答をしてはダメ!

転職活動をしていましたが、なかなか内定が得られずに今に至っています。
その程度の人物と評価されてしまいます。
前職の精神的疲労を癒すため、しばらく休んでいました。
休み癖がついていると思われても無理はありません。
気分をリフレッシュさせるため、思いっきり遊んでいました。
ビジネス感覚はきれいにリセットされてしまったかもしれません。