転職の面接でよく聞かれる質問と回答のサンプルを徹底網羅。質問の狙いと回答のポイントを詳しく解説しています。

  1. ホーム
  2. 転職ノウハウ
  3. 回答例の使い方

回答例の使い方

面接対策において回答例は非常に参考になるものですが、
使い方を誤ると、かえって面接で気まずい思いをしてしまうことがあります。
そのため、ここでは回答例の正しい使い方を詳しく説明しています。
核心的なことを述べていますので、面接対策をする前に、
また面接対策をしていて疲れたときなどに、ぜひ一読することをおすすめします。

回答例に頼りすぎた面接対策をしない

面接対策をする上で一番陥りがちな失敗は、自分の回答を作る際に、
ひたすら回答例を読みあさって、使えるフレーズがないかを探すというパターンです。
回答例から目が離せなくなっている人もいるかもしれません。
しかし、これは非常に危険な面接対策です。
このような回答例に頼りすぎた面接対策はやめましょう。
回答例をそのまま面接で言うのは論外ですが、
回答例を自分なりにアレンジして言うのもおすすめできません
なぜならば、オリジナル性がなくなってしまうからです。
オリジナルでない回答というのは、面接官に突っ込まれたときに答えられなくなるリスクがつきまといます。

面接で答えに詰まる原因とは?

面接で最も不安なことは、面接官から予想外の質問をされて、
言葉に詰まってしまうことではないでしょうか。
どんなにたくさんの質問例を見て、それに対する回答をあらかじめ作ったとしても、
やはり予期しない質問をされることはあります。
また、自分が回答したことについて、「それはどういうこと?」と面接官から突っ込まれたとき、
答えられずに固まってしまうこともあるでしょう。
その原因はどこにあるのでしょうか。

それは、無責任な回答をしているからです。
無責任な回答とは、事実と異なること、はっきりとした根拠のないことを言っている回答です。
たとえば志望動機を聞かれて、「文房具の商品企画をしたいから」と答えたとします。
それに対し、「文房具の商品企画なら、ライバルの○○社でもできるのでは?」と突っ込まれて、
「それは……」と詰まってしまうことがあります。
これは本当の志望動機を言っていないために起こる詰まりです。
この人の本当の志望動機は、「御社の待遇がいいから」「雰囲気が良さそうだから」「御社は安定しているから」といったものなのです。
それにもかかわらず、企業の求める回答に無理に合わせようとして、
心にもない回答をでっち上げてしまう。
嘘の混じった回答は、完全には自分の意思で言えないため、
面接官から突っ込まれたときに答えられない、あるいは自信のない答え方になってしまうのです。

オリジナルの回答とは?

これに対し、完全にオリジナルの回答というのは、
面接官から突っ込まれても明確に答えられる回答です。
自分が今まで経験したこと、今自分が考えていることをありのままに言っているのですから、
それについて何を突っ込まれても、答えに窮することはありません。
回答に責任が持てているのです。
つまり、完全にオリジナルの回答とは、100%正直な回答ということができます。

すでに面接を経験している人は、実際に答えに詰まってしまった経験があるのではないでしょうか。
そういう人は、「自分ではオリジナルの回答をしたつもりなのに……」と思っているかもしれません。
しかし、それは完全にオリジナルではなかったのです。
おそらく、面接対策の本などで見覚えのある回答例をアレンジしたり、いろいろとくっつけたりして作った回答になっているのではないでしょうか。
それでは架空の回答になってしまいます。

このように考えると、本当に理想的なことを言えば、回答例は見ないほうがよいと言えます。
架空の回答を作る手助けになってしまうからです。
完全に正直でオリジナルな回答をするためには、
何も見ずに白紙の状態から回答を考えたほうがよいのです。

それでも回答例を掲載する理由は?

以上のことを踏まえてもしかし、私は回答例は必要だと考えています。

なぜか。

100%オリジナルな回答には致命的な欠点があるからです。
それは、絶対に採用されないということです。

ためしに次の質問に真正直に答えてみて下さい。

まず転職理由については、「前の会社が嫌だったから」ではありませんか?
それもキャリアアップができないからではなく、「上司が嫌だ」「給料が少ない」「残業が多くて大変」「サービス残業をさせる」「ブラック企業だから」という場合が多いでしょう。
そうでなければ、普通は転職など考えません。
「今いる会社も良いけれど、キャリアアップのために転職しよう」という本当に前向きな動機を持つ人はごくわずかです。
前の会社への不満を理由とした転職動機は、まず間違いなく不採用になります。

次に残業・休出・転勤については、「できればしたくない」と答えるはずです。
誰でも自分の時間が一番大事です。
給料がもらえるとはいえ、遅くまで残業したり休日に出勤するのは嫌ですし、
転勤などはもってのほかです。
しかし、こんな質問にも「はい、喜んでさせていただきます!」と笑顔で答えなければならないのが面接なのです。

最後の志望順位については、第1志望の企業なら問題ありませんが、
そうでない企業については、「第3志望です」などと正直に答えてしまっては、
まず採用はあり得ません。
志望順位が低い企業についても、「ぜひ入社したい」という意志を見せなければならないのです。

正直に答えられないから回答例が必要になる

つまり、面接では嘘をつかないと採用されないという悲しい現実があるのです。
「嘘をつく」というのはあまりにも聞こえが悪いので、
ここでは「自分を実際よりも良く見せる」と述べておきましょう。
本当は人間関係が嫌で前職を辞めた人でも、面接では「キャリアアップのために転職を決意した」と言えば、自分を良く見せる回答になります。
面接の質問は正直に答えていたのでは採用されず、ある程度は架空のことも言わなければ自分を良く見せることはできないのです。
だからこそ、質問への対策を用意周到にしなければならなくなり、
「こう聞かれたらこう答える」といった定石をいくつも身につける必要が出てきます。
そこで参考になるのが回答例なのです。
回答例は自分を良く見せるテクニックの結晶であり、集大成です。
しかし、同時にあなたの回答のオリジナル性を弱める側面も持つ諸刃の剣でもあります。
当サイトの回答例は、下記のような手順で利用するとよいでしょう。

  1. 質問とその解説を見て、何を聞かれているのか、
    面接官はどんな回答を求めているのかを理解する
  2. 回答のポイントを見て、どんな内容を盛り込ませればよいのかを理解する
  3. 回答例を見て、面接官を納得させるテクニックを学習する

回答例から質問の意図とテクニックを吸収し、
その上で自分のオリジナルの回答を白紙の状態から作るのが正しい活用法です。
間違っても、回答例の中から使えそうな部分を探して組み合わせるような使い方をしないで下さい。

皆様の転職の成功を心からお祈り申し上げます。